ペットによくある病気

ペットによくある病気 ペットライターに必要な知識としては、どんなものがあるでしょうか。ペットの病気についてはある程度の知識が必要かもしれません。
生活環境や食事、犬種・年齢によってもかかる病は変わってきます。初期段階では小さくても変化はあるもので、例えば食欲が落ちてきた・便の状態が今までと違う・散歩に行きたがらない・どことなく元気がない、などの変化があります。おかしいなと思ったときは獣医さんに行くのが一番ですが、よくある病としてはジステンバー、犬伝染性肝炎、レプトスピラ感染症、パルボウイルス感染症、ケンネルコフなどがあります。
そういった病の他、どんな犬種でも年齢に関係なく罹患するのが外耳炎で、特にゴールデンレトリバーなど耳がたれている犬種、フレンチブルドッグなど皮膚の弱い犬種がかかりやすいです。
炎症が軽ければ点耳薬をさすだけで大丈夫ですが、悪化すると通院も何度もしなくてはいけません。犬が耳を搔きすぎて出血し、耳道がふさがれれば手術が必要なケースもあり注意が必要です。

不規則な一人暮らしライターはペットと一緒に健康管理

不規則な一人暮らしライターはペットと一緒に健康管理 ついつい生活が不規則になってしまいがちなフリーランスのライターにとって、健康管理は重要なポイントです。
しかしどうしても朝起きるのが辛かったり、だらだらと夜ふかしをしてしまうという方も多いのではないでしょうか。特に一人暮らしだと、誰にも迷惑をかけないからと昼起きるという人も。
そんなとき、生活の時間を整えてくれるのがペットの存在です。朝の食事に掃除、排泄の世話など、自分以外の面倒を見ることで生活の改善が期待できます。鳥なら朝一での餌やりは必須ですし、気ままな猫も自分のペースで食事がでてこなければ起こしにやってきそうです。
犬なら散歩の必要もあるので、運動不足解消にもなりますよ。問題はかわいすぎて仕事の手がとまりそうなこと。パソコンの前で気合を入れても、膝の上に乗ってきたらついついかまってしまいます。
別の意味で時間の管理が必要になってきそうですが、朝起きて夜寝るが難しい一人暮らしライターさんは、ペットと一緒に暮らして規則正しい生活を送ってみませんか。

新着情報

◎2021/5/31

サイト公開しました

2ペット医療も全く人間と同じ構造です。 ペットフードも添加物まみれ、4Dミート入りでペット病気にします。

ペット関連産業全体の市場規模は17年度に1兆5193億円だった ➜24年度には1兆8370億円に上ると予測する ➜特にキャットフード市場は、猫がかかりやすい病気に配慮した食事などで拡大傾向が続く ネコノミクス2兆円、消費動かす 百貨店売り場拡大 - 日本経済新聞

■売れ筋ランキング(ペット書籍部門) [At 2024/02/24 06:12:11+09:00] 8位:「文鳥完全飼育 飼い方の基本から品種・繁殖・病気までわかる (PERFECT PET OWNER'S GUIDES) [ 伊藤 美代子 ]」

-->